このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
☎︎03-6452-5785
10:00~19:00まで受付中

削除・慰謝料・損害賠償請求・あなたのお悩みに合わせてベストなご提案をいたします。

誹謗中傷の解決には
ネットへの専門性が必要です!

誹謗中傷対策可能なサイト

  • Twitter
  • 爆サイ
  • ホストラブ
  • Instagram
  • TikTok
  • 5ch
  • ガールズちゃんねる
  • YouTube
  • Facebook
  • その他SNS/口コミサイト全般
  • ホストラブ

あなただけはありません!
SNS時代に誰もが悩む誹謗中傷被害

こんなお悩みありませんか?

悪質な投稿を削除して欲しい
誰かが私の個人情報を流出させている
デマを流されて大変迷惑している
私のなりすましアカウントがある
匿名で誹謗中傷している犯人を調べたい
口コミサイトに嘘を書かれてしまった
嫌がらせに対する慰謝料を払って欲しい
私のなりすましアカウントがある

私が解決します!代表弁護士紹介

代表弁護士

石原一樹

SNSや匿名掲示板のおかげで、老若男女が気軽に世界へ発言できる時代になりました。便利になった一方で、インターネット上のトラブルはどんどん増えていると感じます。

その証拠に、毎日どこかで何かが「炎上」し、ニュースになっているでしょう。 私はインターネット専門の弁護士として多くの案件に携わって来ました。

法的な争いになってしまった場合、もちろん毎回100点の結果を出せるわけではありません。それでも、「この人に相談してよかった」と思ってもらえるよう努力をしています。

ネットで多くの嫌がらせを受けた方からの相談で「話を聞いてもらっただけでだいぶ元気になりました」と言っていただいたこともあります。

法的なアドバイスに加え、第三者からの意見をもらうことで、気が軽くなったり、冷静に行動を起こせるようになるのでしょう。 解決への第一歩として、まずは当事務所へご連絡ください。弁護士・事務スタッフ一同お待ちしております。


監修記事
ネットで名誉棄損をされた!犯人を特定する方法は?

主な書籍

  • 2015年 3月「リレー連載 社内弁護士のシゴト場」(ビジネス法務2015年3月号)
  • 2015年 7月「はじめてのAirbnb」(晋遊舎Ambitious Vol.5)
  • 2015年 10月「クラウドソーシング活用において、広告主企業が知っておきたい法的リスク」(宣伝会議2015年11月号)
  • 2016年 4月「クラウドソーシング」の法的留意点(日本法令ビジネスガイド2016年4月号)
  • 2016年 10月東洋経済2016年10月29日号
  • 2015年 10月「クラウドソーシング活用において、広告主企業が知っておきたい法的リスク」(宣伝会議2015年11月号)

沢山の方が抱えてるお悩み
そのお悩み解決します!

インターネット上で、個人情報(住所や職業など)や知られたくない事実、デマなどを拡散されてしまったとします。その場合、記事の削除だけでなく加害者を特定し、慰謝料請求などをすることができます

例えば…

  • Twitterで本名やデマを拡散された
  • 口コミサイトに嘘をかかれてしまった
  • ネット掲示板に自分の顔写真が貼られている
  • youtubeのコメントに悪質なものがある
  • ネットに住所などを書き込まれたせいでストーカーにあっている

解決法①

書き込みを削除してほしい!

悪質な書き込みを発見した時に真っ先に行いたいのは投稿の削除です。

家族や知人をはじめとした多くの人に見られる前に削除をすることで被害を最小限に押さえます。

自力で書き込み主に削除するように依頼してみたり、サイトの管理人に削除依頼をしてみても思うように対応してもらえなかった場合には弁護士の出番。

当事務所では、過去の案件で培われた経験や知識を活かし、サイトやアプリに合わせた方法で削除を目指します。また、個人サイトなどの場合は弁護士が直接管理人とやりとりを行い、削除してもらえるように交渉します。

解決法②

書き込んだ犯人を特定したい!

悪質な書き込みがきっかけで、対象者の人間関係が破壊されてしまったり、仕事や就職活動に影響が出る場合があります。

誰かの書き込みがきっかけで損害が発生したのであれば、もちろん犯人を特定して償ってもらわなければなりません。

犯人を特定するための流れは以下の通りです。

①サイト・SNSの管理人に書き込みをした人物のプロバイダー情報を求める
②特定したプロバイダーに書き込みをした人物の個人情報を求める

これらはただお願いしても到底応じてもらえないため、裁判を起こすことになります。IPアドレスなど、個人を特定するための情報は、早ければ1ヶ月、長くても3ヶ月程度で記録がなくなってしまうため、気が付いたらすぐにご相談ください!

解決法③

慰謝料などの損害賠償請求がしたい!

書き込みをした犯人がわかったら、自らが受けた損害に対して慰謝料などの形で賠償を求めていきましょう。

もちろん、書き込みのせいで事業の売上などが下がった場合にはその分も請求することが出来ます。

多くのケースでは裁判を用いない形での交渉(示談)となりますが、弁護士がすべてのやりとりを行いますので、依頼者の方は安心してお待ちください。

オプション

誹謗中傷対策のための顧問サービス

悪い書き込みをされる度に新たに弁護士を探して・相談して・契約を結んで…といった形をとるのは非常に大変です。

であれば、思い切って顧問弁護士をつけてしまうのがおすすめ! いつでも相談できる弁護士がいるというのは非常に心強いですし、いざという時に一々契約を結んだりする手間が省けます。

また、トラブルというのは必ずしも外部から襲い掛かるものではなく、内部から起こる場合もあります。いわゆる「バイトテロ」や「従業員の告発」などで会社の評判を落としてしまわないよう、社内のルール作りなどからご提案させていただきます。

顧問契約のサービスは月々9000円~から!

解決法①

書き込みを削除してほしい!

悪質な書き込みを発見した時に真っ先に行いたいのは投稿の削除です。

家族や知人をはじめとした多くの人に見られる前に削除をすることで被害を最小限に押さえます。

自力で書き込み主に削除するように依頼してみたり、サイトの管理人に削除依頼をしてみても思うように対応してもらえなかった場合には弁護士の出番。

当事務所では、過去の案件で培われた経験や知識を活かし、サイトやアプリに合わせた方法で削除を目指します。また、個人サイトなどの場合は弁護士が直接管理人とやりとりを行い、削除してもらえるように交渉します。

指名される理由

FAST法律事務所は、弁護士含め20~30代の若手のスタッフで構成されています。全員がネットをよく利用しますし、実情を理解しています。ですので、法律とは別の目線からも相談に乗ることが出来ます。例えば、すでに起こっているトラブル・紛争の収め方のアドバイスなどです。

「こういったユーザーは単に嫌がらせをしたいだけなので反応してはいけない」「これは単なる愉快犯のようなもので、本気で嫌がらせをしたいわけでないと思う」などのアドバイスは日頃インターネットをよく利用し、たくさんの相談に乗っているからこそ出来るものです。 法律事務所選びに悩んだ際には一度FAST法律事務所にご連絡くださいませ。

FAST法律事務所へ
依頼する理由

  • 時代や流行の変化に敏感な法律事務所です。
    ネット上の書き込みの削除の依頼などは、すべての弁護士事務所が対応出来るわけではありません。次々に現れる新しいサイトやアプリ、発生する問題や法改正に対して敏感になり、貪欲に知識を付けていかなければ解決できない分野だからです。 FAST法律事務所は、20~30代の若い弁護士や事務スタッフを中心に、ネット問題の先端を追い続けています。他の事務所に依頼して断られてしまったとしても、諦めず当事務所にご相談いただけますと幸いです。
  • 当事務所では、多くの誹謗中傷事件に携わることで解決のノウハウを蓄積して参りました。さらに、その知見はセミナーという形で他の事務所の弁護士にも共有されています。多くの弁護士が当事務所のノウハウを使って事件を解決しています。
  • 当事務所では、多くの誹謗中傷事件に携わることで解決のノウハウを蓄積して参りました。さらに、その知見はセミナーという形で他の事務所の弁護士にも共有されています。多くの弁護士が当事務所のノウハウを使って事件を解決しています。

お客様の声

個人情報を渡したら思いもしないことに…

Twitterでの売買をきっかけに相手方に名前や住所を知られてしまったのですが、その後のトラブルが原因でそれらをネットに公開されてしまいました。

FAST法律事務所に相談した結果、相手の素性がわかり、示談という形で事件を解決してくださり、大変助かりました。
Y.S

口コミサイトに嘘をかかれてしまい…

私は飲食店を経営しています。勤務中、マナーの悪いお客様がいたので注意したところ、その報復のような形で嘘の口コミを書かれてしまいました。

予約のお名前と口コミ主のお名前が一致していたのは不幸中の幸いですが、FAST法律事務所に相談して、無事に書き込みを消してもらうことができ、よかったです。
E.S

口コミサイトに嘘をかかれてしまい…

私は飲食店を経営しています。勤務中、マナーの悪いお客様がいたので注意したところ、その報復のような形で嘘の口コミを書かれてしまいました。

予約のお名前と口コミ主のお名前が一致していたのは不幸中の幸いですが、FAST法律事務所に相談して、無事に書き込みを消してもらうことができ、よかったです。
E.S

料金目安
(料金は税込で表示させて頂いております)

内容 料金
削除請求
投稿を削除したい
約11万円〜
33万円

発信者情報開示請求
加害者を特定したい

約27.5万円~
66万円
損害賠償請求
慰謝料を請求したい
約11万円~
55万円
刑事告訴
刑事事件で訴えたい

約22万円〜
30万円

有料相談
弁護士に相談したい
5,500円/30分
ご相談はこちらから
初回に限り無料相談を受け付けます!
※初回相談の内容はヒアリング及び課題に対する解決案の提示までとなります。具体的な施策やアクションは含まれておりません。
また既に初回相談をご利用された方は無料コンサルはお受けになれません。

よくある質問

Q料金を教えてください
A基本的な料金は上記の料金表をご覧ください。必ずしも料金表通りになるわけではありませんので、詳しくは個別にご相談いただけますと幸いです。ベストなプランとお見積りを致します。 また、予算に限りがある場合には、その範囲内で出来るサービスや支払い方法をご提案いたします。
Q個人でも引き受けてもらえますか?
Aもちろんです。ネットトラブルに関しては個人の方からのご相談が多く寄せられます。
Q私の婚約者がネットで悪口を書かれているので対策をお願いできますか?
Aはい、いくつかのプランがご提案できます。
Q成果が出るまでの期間はどのくらいですか?
A事件の内容にもよりますが、示談(裁判外交渉)だと短時間で、裁判となる長期化するケースが多いです。 もちろん、ご相談の段階である程度の見通しを立てた上でお伝えいたします。
Q営業妨害的な書き込みは警察に訴えた方が良いですか?
A実害がある場合には警察に相談した方がいいでしょう。ただし、書き込み者がわからないと対処してもらえないことが多いのも事実です。書き込み者を特定する必要がある場合にはご相談くださいませ。
Q悪い書き込みがないか監視してもらえませんか?
A当事務所には「誹謗中傷レンジャー」というサービスがあります。悪い書き込みがないか定期的に監視し、その結果を報告します。もし問題のある書き込みがあった場合には削除対応なども致しますので、是非お問合せくださいませ。
Q個人でも引き受けてもらえますか?
Aもちろんです。ネットトラブルに関しては個人の方からのご相談が多く寄せられます。

会社概要

会社名 FAST法律事務所
代表者 石原一樹(第二東京弁護士会)
住所 東京都渋谷区円山町5-5渋谷橋本ビル9F
TEL 03-6452-5785
FAX
03-6206-1107
Email info@fastlaw.jp
HP https://fastlaw.jp/
住所 東京都渋谷区円山町5-5渋谷橋本ビル9F

お知らせ

2021年10月1日を持ちまして、Seven Rich法律事務所はFAST法律事務所に名称を変更致しました。
今後ともお客様に寄り添ったリーガルサービスを提供して参ります。何卒宜しくお願い致します。

初回相談無料!ご相談のお申込み

ご相談のお申込みは下記のフォームからお願いいたします。
※ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせに対応する目的の範囲内でのみ利用させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
この内容で送信する